Songs from the film, including Japanese-dubbed versions, are extremely popular with Japanese consumers. Image: Walt Disney Japan

Disney’s “Frozen” Is Extremely Hot in Japan – ディズニー映画「アナと雪の女王」日本で記録的ヒット

Japan


Disney’s animated film “Frozen” is a blockbuster in Japan. On January 27, 2015, the Motion Picture Producers Association of Japan revealed the country’s 2014 annual box-office grosses, and “Frozen,” called “Anna and Snow Queen” in Japan, turned out to be the overwhelming box-office champion of the year. The animated musical single-handedly accounted for over 10% of all domestic box-office revenues.

Although “Frozen” is loved globally, its popularity in Japan is remarkable. After the US, Japan was the second largest market for the film globally. The musical-fantasy film earned $400.73 million in the US, and $249.03 million in Japan. South Korea came in third in international sales with$76.69 million, followed by $64.73 million in the UK, $48.27 million in Germany, and $48.24 million in China.

In Japan, related product sales such as DVDs, CDs, toys, and so on, have been hits as well. DVDs have sold over 3 million copies already. Tokyo Disneyland is holding a special event focusing on the movie from January to March of 2015. There is speculation that Tokyo Disneyland will introduce a new Frozen-themed attraction during a planned large-scale renovation in 2017.

The film’s success in Japan is due to a mix of factors. Disney has historically enjoyed success in Japan. Disney’s first overseas theme park, Tokyo Disneyland, has been a continued success, leading to the opening of Tokyo DisneySea, the second Disney attraction park in Japan, in 2001. The two resorts attracted 31.29 million guests in 2013. In addition, Disney’s “localization” strategy for “Frozen” worked. The dubbed versions of the movie’s songs are sung by Japanese popular singers with broad commercial appeal. Disney also tried a female-targeted promotion strategy in Japan. Some think that the girl-power themes in “Frozen” might be resonating with Japanese women’s calls for more social advancement, as the government also officially works on a women’s empowerment policy.

Currently, another Disney animation, “Big Hero 6,” which features a number of Japanese cultural themes, is being screened in Japan, and could prove to be the next big success for Disney in its largest foreign market.

---------

「アナと雪の女王」が日本で大ヒットを記録した。2015年1月27日、日本映画製作者連盟は2014年の日本国内映画興行収入を発表し、「アナと雪の女王(原題:フローズン)」がダントツの興行収入トップであったことを明らかにした。ミュージカル形式で進められるアニメ映画の「アナと雪の女王」の興行収入は2014年の日本国内総興行収入の1割以上を占めた。

世界的に人気が高い「アナと雪の女王」であるが、日本での人気の高さには目を見張るものがある。「アナと雪の女王」の全世界での興行収入成績は、米国が4億73万ドル、日本が2億4,903万ドルで、日米がトップツーを占める。これに韓国の7,669万ドル、英国の6,473万ドル、ドイツの4,827万ドル、中国の4,824万ドルが続く。

さらに、日本ではDVDやCD、キャラクター商品など関連ビジネスも息の長いヒットを記録している。DVDはこれまでに300万枚以上売れている。また、東京ディズニーランドでは、2015年1月から3月まで「アナと雪の女王」の特別イベントが開催され、多くの人でにぎわっている。2017年に大規模刷新を計画していることに合わせて、東京ディズニーランドに「アナと雪の女王」の関連アトラクションが新設されると推測する報道もみられている。

人気の要因には複数の要因があるだろう。まず、日本にはディズニーのファンが多いことが挙げられる。例えば、東京ディズニーランドはディズニーのテーマパークとして初めて米国外に開園され、その人気が衰えることは無く、2001年には日本で2番目のディズニーのアトラクションパークとなるディズニー・シーも開園された。2013年にはランドとシーをあわせ3,129万人が来園している。次に、ディズニーのローカライズ戦略が成功したこと。日本人歌手が日本語で歌った吹き替え版は大きな人気を博した。第三に、ディズニー・ジャパンの女性をターゲットにしたマーケティング戦略が功を奏したことだ。さらに、女性の自立というテーマが日本女性の心をとらえたのではないかという見方もある。なお、日本政府は公式に女性の活躍を推進する政策を進めている。

現在、日本文化を数多く取り入れたディズニー映画「ベイマックス(原題:ビッグヒーロー6)」が日本で上映されている。ディズニーの最大の外国マーケットである日本で、「アナと雪の女王」に続くヒットの期待がかかっている。

写真:日本語版も含め、主題歌も大ヒット。(写真提供:ウォルト・ディズニー・ジャパン)